命名書の作成

書く順番とポイント

・鉛筆で薄く下書きを施しましょう。これがほぼ全てといっても過言ではありません。

 

・一番左の行から書き進めるとよいと思います。書いた字を手でこすって汚損してしまうのを防げます。

 

・筆ペンだけで書くこともできなくはありません。メインのお名前部分は、大きく鉛筆で下書きをして、輪郭線を筆ペンでなぞり、中を塗っていきます。これで、大きな筆文字を小筆の筆ペンで書けます。書くというより描くに近いかもしれません。大筆や墨汁を用意することは、少しハードルが上がりますし、そもそも大筆で一発で書くのは難しいですから、下書きで作った理想的な字形の輪郭線をなぞって筆文字を作成するというのも良い気がします。

 

 

長期間の保存や裏打ちをするなら、墨液タイプか顔料タイプ

染料インクの筆ペンはインクがさらさらしていて書きやすいので、筆ペン売り場ではメインですが、実は耐水性のあるタイプも存在します。長期間の保存には、できれば「顔料インクタイプ」か「墨液タイプ」といった耐水性のあるものがおすすめです。また、この筆ペンで書かれたものであれば、将来『裏打ち』(シワを取り除いて、補強するために、作品の裏から和紙を重ね張りすること)をすることも可能です。染料インクの筆ペンで書いたものを裏打ちしようとすると、霧吹きで文字がにじんでしまい、台無しになります。染料インクは何年乾かしても、水をかければ溶け出してしまいます。(下の写真をご参考ください。)

 

 

筆ペン(顔料インク・染料インク)を霧吹きで濡らした場合の比較
耐水性比較

 

 

ご両親の愛情のこもった肉筆命名書であれば、字の上手い下手には関係なく、どんな書道家のものよりも価値があると思います。きっと、将来お子様にとって宝物になると思います。

 

 



書家 鳶山のロゴマーク