本格的に筆文字テクニックを上達させる方法

いわゆる習字や書写のような字だけはでなく、より深みのある魅力的な線質や字形を書けるように技を体得したいとお考えでしたら、「臨書」という練習法がおすすめです。臨書の始め方から上達のポイントまでをまとめました。

1:本格的に書技を学ぶためには、主に「臨書」という練習方法が効果的

【臨書】・・・古典を手本にして毛筆の学習をすることです。

 

【古典】・・・はるか昔(主に何百年~千年以上前)の能書家が書いた書。昔も今も書道における最高レベルの手本です。極めて難解な技の詰まった高度な書で、筆文字制作(書道)には避けて通れない道です。

 

能書家・・・書において圧倒的な技量・表現力を持つ人物。書の実力者が現代よりも遥かに多い時代にあっても、凄腕であると認められてきた、超絶技巧の持ち主。書の巨匠。

2:臨書のやり方

まずはお手本「古典(古典法帖)」を買おう

 書道コーナーがそれなりに充実している本屋さんで、「古典(法帖)」を買いましょう。昔の人が書いたと見て取れるような字の写真本があれば、それです。(現代人の書いたハウツー本の類ではありません。)

 

 古典といっても、かなりの冊数がありますのでどれを選ぶかは迷われると思います。これは、あなたの感性で選んでほしいと思います。色々と見るうちに「こんな感じの字が好みだ」といったものが1冊はあるはずですので、それを選ばれるとよいと思います。

 ”おすすめの古典法帖”よりも自分の美的感性に強く響いたものを選ぶことで、吸収力やモチベーションが高まるでしょう。

 

 石碑(白黒反転しているようなタイプ。拓本。)の古典もありますが、まずは肉筆のものの方が見やすくて練習しやすいです。石碑の字でも、ものによっては肉筆とあまり変わらないくらい鮮明なものもありますので、それでしたら問題ありません。

道具をそろえて、早速書き始めてみましょう

 古典(法帖)を机の左、または正面に置き、習字セットのように一通りの道具をそろえて、早速書きましょう。まずは難しく構えすぎず、とりあえず書いてみる、そこからスタートです。

 

 道具につきましては、とりあえずは、墨汁下敷きのフェルト文鎮半紙さえあれば書けますので、難しく考えすぎないように書き始めてみてください。

 やっていくうちに、道具への興味も色々と湧いてきますので、それも今後の楽しみの一つです。

古典(法帖)を手本にする・・・まずは手本の文字サイズにとまどう

 今までは習字や書写の学習の際に、半紙とほぼ同じサイズのお手本を左において、同じ文言を何度も繰り返し書くというのが当たり前だったと思います。しかし、古典法帖を見ながら書く「臨書」におきましては、様子が異なります。まず、手本の1文字あたりのサイズが約3cm四方と小さいです。そして、基本的には同じ文言を繰り返し書くことはせず、どんどん古典法帖内の文章を書き進めていくという作業になります。

 

 古典法帖の印刷サイズのままですと、学習するには小さくて見にくいと感じるかもしれません。見にくい場合は、ある程度拡大印刷して見やすくするのが理想的です。また、はじめから7cm四方程度に拡大印刷された親切な古典法帖テキストも最近は豊富にありますので探してみてください。字の細部の表現まで容易に見えますので、上達効果が高まります。

「どこが上手いの?」と思ってしまうような字が沢山ある!?

 古典法帖をご覧いただくと、習字で見慣れた字のように、とても整っていて美しい印象の字もあれば、もしかしたら、「これ、どこが上手いの??」と思うような字もあるでしょう。現代人の感性は、長年、楷書フォントや習字の文字を美しさの基準として刷り込まれた感性ですから、古典にみられるような一見アンバランスな字などは、魅力的に思えないのも無理はありません。

 しかし、そこにも、高度な格調と技が詰め込まれています。単なる下手な字とは全く別物なのです。

 

 ですから、古典の筆文字を見ていて、自分の感性では美しいと思えない字に出くわした際には、「この字をこのように書いた意図は何なのだろうか?」と、美の本質を探す姿勢が大切です。「古典」は長い歴史の中で厳しい目に耐えて評価され続けているものですので、およそ学ぶ価値のないものなどは出版されていないと思ってよいです。巨匠の感性を信じて、自分なりに咀嚼して、自分の感性をより豊かで深みのあるものに育ててください。

読めない字ばかりでも、気にせず書き進めていく

 現代には無いような字が沢山登場しますが、そういった字でも書く意義はなんら変わりません。筆遣いや字の形など、たくさんの学ぶべきポイントがありますので、しっかり観察して書いてください。

3:練習のポイント

古典の筆文字を手本として書く・・・どんな風に? どこに着目して?

 まずはこんなことを念頭に置いて、練習してみてください。(まずはと申しましたが、臨書する上では必須の視点ですので、何十年臨書したとしても、念頭に置き続ける根幹部分です。ちなみに、古典以外の筆文字を手本にする際も、着目ポイントはこれと同じです。)

 

●筆の入れ方はどんな感じにすればいいだろうか。(始筆に着目)

 

●線の終わりはどのような形になっているだろうか。(終筆に着目)

 

●線の太い細いの変化がどのように書かれているだろうか。(抑揚に着目)

 

●線は右上がりか、水平か、右下がりか。(線の角度の変化に着目)

 

●線と線の距離感はどのくらいだろうか。(線そのものよりも余白部分に着目)

 

●どの線が最も長いだろうか。(強調的に書かれている部分に着目)

 

●文字のシルエットは扁平なひし形だろうか、縦長の長方形だろうか、平行四辺形だろうか、台形だろうか・・・。(文字全体の輪郭の形に着目。メリハリのある美しい字形を習得する上で極めて重要。)

 

 

 なんとなく見ながら書くのではなく、こういった概念を念頭に置いて、学び取るポイントを明確にして観察しながら書くことで上達効果が高まります。1画1画手を止めながら、見えるままそっくりに書くという姿勢で書いてください。

 

 半紙1枚には4文字書いてもよいですし、2文字でも1文字でも構いません。あたながその日書きたいと思った字数のレイアウトでお書きください。2文字や1文字で書いたならば、手本の比率通りにのびのびと書きやすいので純粋に形を学ぶのに適しているでしょう。4文字で書けば、縦長の字と横長の字の存在感のバランスをとるために手本の字の縦横の比率をある程度変更して書く必要がありますので、レイアウト力が高まるでしょう。「半紙1枚につき絶対に何文字で書くべき」という考え方は、上達を阻害するのでやめましょう。

自分の書いた字と手本を見比べる作業が、着実な上達へのカギ

 ご自分の書いた字の見直し作業も大切です。手本と見比べてみてください。おそらく、違いすぎてわけがわからないとお感じになるかもしれません。でも、漠然と「まだまだ下手だなあ」だけでは、せっかく練習しても収穫は少ないです。書いた枚数にのみ成長を期待するのではなく、「こうするべきだったかな。次はこうしてみよう。」とはっきり自覚することが大切です。

 

 私が中学高校の頃、上手くなりたいとひたすら書いてはいましたが、ほとんど上達はありませんでした。とにかく沢山書けばいつか上手くなるはずだ、着実に成長はしているはずだと思い込み、枚数を積み重ねることだけを頼りに進んでいました。

 そんな漫然とした練習では、上達など望むべくもありません。もはやほとんど意味のない練習で、莫大な時間の無駄遣いでした。思考停止した練習ではだめだったのです。ご覧いただいている方は、このような練習にならないようにご留意ください。

 

 一枚書き終わりましたら、一文字毎にどこか一つでよいので、反省点を決めて、心に留めておくとよいと思います。そうすることで、だんだんと、従来の反省点が改善されていき、新たな改善すべき点を認識できるようになるので、着実に上達していくでしょう。

まずは、基本練習9割と実践演習1割ぐらいのバランスで

 臨書の基本練習に加えて、たまには創作的に自由に表現することも大切です。がんじがらめに手本に拘束されていた表現から解き放ち、自分の好きな文言を好きなように書くことで、自分の技量、表現力の現状を違った角度から見ることができます。

 古典の格調から離れたことで、字はどうなったか。良くなったか、あるいはもっと醜悪になったか。おそらくは後者となるでしょう。たいてい、勢いだけは増すものの、一点一画が粗雑になり、骨格の貧しい字となります。

 そういった新鮮な現状認識が、また基本練習に立ち返ったときに、練習の質を向上させることになるのです。一点一画が有機的につながっていることを自覚し、どの一画もおろそかにはできないパーツであるとわかってくるので、手本の着眼がより鋭く丁寧になっていくでしょう。「臨書による基本練習」に「創作表現の実践演習」を加えることで好循環が生まれるのです。

 

 ちなみに、古典を「古い美的感性で現代にはマッチしないもの」として、基本練習をないがしろにし、ひたすら自由に書くばかりでしたら、魅力的な筆文字を書ける日はおそらく来ないでしょう。もしかしたら、筆と墨汁を使った抽象デザインは得意になるかもしれませんが、骨格があらかじめ定められている既存の「文字」を美しく書ける力が育つことはありません。

 「あなたらしさを伸ばしましょう」といったような耳ざわりのよい言葉を誘い文句にして、自由に書くことを重視した教え方を目にすることがあるかもしれません。非常に敷居が低く感じられるので、気軽に始められそうな印象を受けますが、これでは美しさを手に入れることは難しいでしょう。ひたすら自己満足の世界を拡げる作業になってしまいます。

 長い歴史の中で洗練されてきた字の魅力の本質もしっかり学ぶことでこそ、あなたの感性は洗練され、自分以外からも評価されるような「あなたらしさ」のあふれる字を手に入れることができます。

1回あたり何枚書いて、週に何回ぐらいやれば効果的か

 効果を効率的に上げるには何枚くらいずつ練習していけばよいか。これは、集中力の個人差もあるので一概には言えませんが、5枚10枚でも十分意義があります。半紙1枚に何文字書くかでだいぶ違うので、文字数で考えた方がいいでしょう。

 たとえば、半紙1枚に4文字で、集中して書くと10枚でもかなり体力を使って疲れるものです。集中力が切れてきたなと感じた時がやめ時ではないでしょうか。意地になって枚数を稼ごうと頑張っても、集中力が欠けている状態では上達につながりません。ただの時間の無駄になります。

 

 次に、週に何回くらいやればよいかですが、頑張って一日に100枚書いて次回が1週間後というのは良くありません。1週間もすればせっかくつかめていた感覚も消えてしまいます。毎日とか、2日に1回とかの短いサイクルで継続し、集中力がしっかりと高まっている短時間だけ書いて、さっと切り上げた方が上達します。

 

 ちなみに、短いサイクルで継続するためのコツは、道具をすべて出しっぱなしにしておくことです。例えば、小さなテーブルを1つ設けて、書道用の空間を常備するのです。思い立った時にすぐに何枚かでも書けるような環境を作っておくことが「継続」というハードルを下げるポイントです。

おわりに

『着目ポイントを念頭に置いて「書く」 → 改めて手本と見比べてみて「反省」』

 

 これの繰り返しが臨書による基本練習であります。高価な半紙を使う必要は全くありませんので、この基本練習を気楽に、地道におこなってください。結果を早く求めたいお気持ちもわかりますが、字形を学んだり、筆の性質を体得していくことは容易いことではありませんので、気長に構えて練習を継続することが大切です。 

 

 大筆を使って趣味の書道をする際も、筆文字ロゴの自作に挑戦するための練習にも、実用的な小筆書きの上達のためにも、毛筆書き全般に共通する上達法です。ご参考いただければ幸いです。